川合 敦子 春のうつわ展
 - 特別出品 滝口 和男 -

2020.3.7(土)~3.14(土)

こんにちは。
すっかり春めいてきましたね。
本日は京都の陶芸家「川合敦子さん」の作品展の紹介をいたします。
また、今回の作品展では川合さんの師匠でもある、「滝口和男さん」も作品を特別に出品してくださいます。
春らしく心を晴れやかにしてくれる作品が集まりますので、ぜひ皆様ご高覧下さいませ。

2020.2.21川合展DM











今回のDMです。
春らしい優しい仕上がりになりました。
2020.2.21川合展DM住所















DMへ掲載した作品を紹介いたします。

IMGP5901












川合敦子
「皿 枝桜」
 ¥70,000(税抜)
 径29.6㎝ 高4.5㎝
IMGP5902












枝は金彩で描かれています。
つぼみの濃い色と、開花した花の薄い優しい色の違いが美しいです。
IMGP5899












フラットな形状でお料理も盛りやすいです。
菜の花の散らし寿司など、人の集まる席でお披露目したくなりますね。




IMGP5896












滝口和男
「季節の思い出は」 ¥50,000(税抜)
 長径5.5㎝×短径4.5㎝ 高5.8㎝程

小さなカメラがなんとも可愛らしい作品です。
細部までこだわって造り込まれており、見ていると思わずニコニコしてしまいます。
IMGP5897












カメラの裏側も細やかな造りです。

IMGP5898












オレンジのALBUMが蓋になっています。
皆さんなら何を入れますか





こちらからは、現在当店にある川合敦子さんの常設作品をご紹介いたします。
IMGP5903












同じ柄の鉢と小鉢です。

IMGP5909












鉢 桜色紙 赤古紋 ¥17,000(税抜)
 15.8㎝×14.6㎝ 高5.8㎝

手びねりならではの、柔らかい少しいびつな形をしています。
川合さんの優しい絵付けと良く合っています。
深さがありますので、煮物や和え物など日常にどうぞお使いください。
IMGP5905












中心には桜が描かれています。
縁の古紋柄の書き込みには圧倒されます。



IMGP5910












皿 桜色紙 ¥6,000(税抜)
 径10.6㎝~11㎝ 高2.6㎝~3㎝

ごま豆腐や玉子焼きなど、少し頂きたいときに盛ってみてください。
とても華やかになりますよ。
IMGP5904












こちらもお鉢と同じように、中心に桜の絵柄が描かれています。





IMGP5912












飯碗 黒唐草 ¥17,000(税抜)
 径10.4㎝ 高6.7㎝

黒と白のコントラストが美しい作品です。
絵柄の縁取りは金彩でされているので、シンプルですがとても見栄えがします。
IMGP5911












裏側です。

IMGP5921












内側の一部分にだけ絵柄が入っています。
小ぶりのサイズなので、汲出として使用しても良いかもしれません。



作品の紹介は以上です。
皆さまのご来店を心よりお待ちしております

作家も7日(土)、8日(日)は在廊を予定しております





荢毛健作 作品展
2020.2.8(土) - 2.15(土)
AM11:00 - PM7:00(日曜・祝日・最終日PM5:00)
会期中無休


こんにちは!
本日は、一客 東京店2020年最初の作品展についてご紹介させていただきます

令和2年最初の作品展は、奈良県で作陶されている「荢毛健作さん」です。
荢毛さんの作品は、鹿の子や矢羽根など、昔から日本にある紋様をモダンにデザインされています。
白・黒・シルバー・ゴールドなど、現代の食卓にも格好よく決まる作品が多数出展されますので、ぜひご高覧下さいませ。
2020.1.25荢毛展写真












扇面板皿 銀彩
 幅26㎝ 高2㎝



今回のDMです。
扇面に鹿の子柄で日本的なモチーフですが、荢毛さんの現代的な感覚でとても格好良い作品になっています。




こちらからは、荢毛さんにお借りした写真を基に作品を紹介させて頂きます。
DSCF1332












BOWL 黒土銀彩
 径16.5㎝ 高9.5㎝

デリ風のオシャレな豆サラダなど、ビタミンカラーの食材がよく映えそうです。
荢毛さんの作品は、洋のお料理が良く合う気がします。



DSCF1346












四方向付 黒土銀彩 
 8.5㎝角 高4.5㎝

硬さのあるシャープな黒い向付は、食卓に一気に幅を持たせてくれそうです。




DSCF1339












蓋物 黒土銀彩 
 大 径22.5㎝ 高7㎝
 小 径16㎝ 高5㎝
DSCF1342












ぴったりとした蓋なので、台皿として使ったり、重ねて使うなど用途は色々です。






DSCF1344












ピッチャー
 奥:白土矢羽根紋金銀彩
    幅19㎝ 奥行8㎝ 高13㎝
 手前:黒土矢羽根紋金銀彩
    幅24.5㎝ 奥行11.5㎝ 高11㎝
DSCF1345












椿を一輪など、鮮やかな花を活けても素敵です。





こちらからは、現在店舗に常設として置いている作品を紹介いたします。
IMGP5822












テーブルセンターに互い違いに並べるだけでキリっと食卓が決まります。


IMGP5826












黒鹿の子 枠付板皿 ¥13,000(税抜)
 幅32.6㎝ 奥行9.8㎝ 高2㎝
IMGP5823












フチがしっかり立っているので、オリーブオイルなど汁気の出てしまう前菜を並べても安心です。




IMGP5827












市松長板皿 ¥10,000(税抜)
 幅33㎝ 奥行8.3㎝ 高2.2㎝

苺やチョコレートを一列に並べたりしてもとても映えると思います。
IMGP5828












フチは軽くカーブしています。
大胆な市松模様ですが、銀彩のおかげでとてもシックです。
海外の方へのプレゼントとしても喜ばれます。




IMGP5834












左:平向付 銀彩 ¥8,000(税抜)
 径18.7㎝程 高5㎝
右:平向付 金彩 ¥8,000(税抜)
 径18.7㎝ 高5.4㎝

カボチャスープや青菜のサラダなど、シンプルなお料理でも十分よく映えます。
IMGP5835












近くで見ると布目がハッキリと見えます。
他にはない面白みです。

IMGP5836












こちらは金彩です。




IMGP5833












クリアなガラスを並べたり、モノクロでまとめるコーディネイトも素敵です。


荢毛展は2月8日(土)からです。
ぜひ、皆さまのご来店をお待ちしております


Gallery一客東京店 2020年の作品展一覧


こんにちは!

一客は明日26日(金)より2020年1月5日(日)まで冬期休業いたします。
年始は1月6日(月)より営業となります。
ご迷惑をおかけいたしますがどうぞよろしくお願いいたします。

さて、本日は2020年の作品展スケジュールが決まりましたのでお知らせいたします。
来年は、計13回15名の作家さんに作品展をしていただきます。
陶磁・漆・ガラスいろいろな作品をご紹介できるかと思いますのでぜひ楽しんでいただけると幸いです


荢毛健作 陶展 2月8日(土)~2月15日(土)
2.8荢毛健作















川合敦子 陶展  特別出品 滝口和男 3月7日(土)~3月14日(土)
3.7川合敦子
















川口淳 色絵磁器展 4月4日(土)~4月11日(土)
4.4川口淳
















川勝英十津 漆展 5月9日(土)~5月16日(土)
5.9川勝英十津















大井寛史 陶展 5月23日(土)~5月30日(土)
5.23大井寛史















荒川尚也 ガラス展 6月13日(土)~6月20日(土)
6.13荒川尚也















大原功樹 陶展 7月4日(土)~7月11日(土)
7.4大原功樹















伊藤麻沙人 陶展 7月25日(土)~8月1日(土)
7.25伊藤麻沙人














深谷泰 陶展 9月5日(土)~9月12日(土)
9.5深谷泰
















岡晋吾 陶展 9月26日(土)~10月3日(土)
9.26岡晋吾















村田菜穂美 陶展 10月17日(土)~10月24日(土)
10.17村田菜穂美
















二人展 原稔(陶)・原依子(陶)  11月14日(土)~11月21(土)
11.14原稔・依子「金彩三島豆皿・花小紋豆皿」















二人展 松本芳実(陶)・若林幸恵(漆) 12月12日(土)~12月19日(土)
12.12二人展 松本芳実












松本芳実


12.12二人展 若林幸恵












若林和恵





上記の日程以外は、常設での展示となります。

2019年もあと僅か。今年も大変お世話になりました。
心よりお礼申し上げます
皆さま良いお年を迎えられますようお祈りしております


↑このページのトップヘ