Gallery一客東京店 スタッフブログ

夏の器のご紹介。

熱帯夜が続き、冷たいものが食卓に並ぶことの多い今の季節。
涼しげな器をご紹介いたします。


そば猪口













陶器、磁器、ガラス器、さまざまなそば猪口を集めました。
麺が多くなるこの季節、そば猪口を変えて楽しんでみてはいかがでしょうか…。



汲出し












星賢二先生の新作の汲みだし。
こちらはタイトルが『金銀彩 雲鳥文くみだし』といいます。
タイトルの通り、夏の空を想像させるような清しい作品です。



貝の鉢












須田菁華先生の貝の形をした向付と、カニの描かれた四方のぞき。
吹き墨が水の滴を感じさせ、涼しげです。



木瓜皿












中尾万作先生の定番!木瓜型皿です。
何にでも合わせやすく、買われた方は大抵リピートされる使いやすさです。
須田先生の魚のお箸置きを泳がせました。



石畳












小林英夫先生の四方小皿です。
こちらは石畳をイメージされて作られたそうです。
とてもお洒落ですね。
近くで見ると、石畳の一つ一つの高さが違いとても手がこんでいます。



食卓












石畳のお皿をデザート用にディスプレイしました。
涼しげで複雑な色味が感じられる器は飽きが来ません。



暑い日が続いておりますが、涼を感じにご来店くださいませ。
スタッフ一同お待ち申し上げております。



夏の器をご紹介いたします!

日に日に暑くなってまいりました。
本日は、夏にぴったりの器をご紹介いたします。

ひまわり












河合正光先生の、ひまわり皿です。
白磁の白さは清潔感があり涼しげです。
お料理やお菓子を食べ終えた後に見えるひまわりが、とてもかわいらしいです。


角小皿












海野加代先生の角小皿シリーズです。
夏らしい柄を集めました。
この他に、七夕やお祭り、氷などもございます。
小さなお皿ですが、細かく描かれた絵付けは見ごたえがあります。



海老文












高橋芳宣先生の海老文輪花皿です。
水の中を泳ぐ海老が涼しげな、まさしく今の季節にぴったりな器です。




小鉢












ヴェネチアンのガラスの小鉢です。
ブログにも何度か登場していますが、イタリアのガラスが和食器にも実によく合います。
オクラのみじん切りや、オリーブなど和、洋万能にご使用いただけます。



食卓















ご来店をスタッフ一同お待ちしております。



中山孝志先生の新作グラスが入荷しました!

少し黄色味がかった温かみのある中山先生のガラスは、和食器にも洋食器にもよく合います。

中山グラス1












左から…ビアカップ、ワイングラス、たてモールコップ、アイスカップ

一番左のビアカップは、缶ビール(350ml)を入れるのにちょうどピッタリなサイズです。




中山グラス2












左から…型吹きコップ、そば猪口、冷茶碗

そば猪口はコップとしても、お鉢としてもお使いいただけます。


アイスカップ












これからの季節、アイスカップとしてもコーヒーゼリーや冷たいスープなど多様に活躍します。



冷茶












錫や漆器とも合わせやすく、ご自宅にある器ともよく馴染みます。



ぜひご来店お待ちしております。



このページのトップヘ