Gallery一客東京店 スタッフブログ

本日は藤平 寧先生の作品をご紹介いたします。

京都で作陶されている藤平先生の作品は、独特の世界観があります。
和食器ですがモダンなバランスのとれた器は、想像力をかきたてられます。

夜は虹












今回新たに入荷しました「夜は虹」という器です。
タイトルの虹の通り、角度によって七色に変わる様は見とれてしまいます。



よぞら












こちらは「よぞら」というお皿です。



よぞら2












「よぞら」
横から見た状態です。
口径が18.4㎝ 高さが4㎝ ありますので、お鉢としても銘々皿としても幅広くお使いいただけます。

うすあおつき












「うすあおつき」という器です。
深さが7.5センチあり、とんなお料理を盛っていただいても、美しく上品に仕上がります。


銀皿












銀の塗ってある淵の反った器です。
サイズが2種類あります。



アップ












銀のお皿のアップです。
銀の下から陶器の肌が見え、単一でないので飽きがきません。



藤平

















藤平先生の作品はどれも見入ってしまうものばかりです。
実物をご覧になっていただくと、また写真とは違った印象になると思います。
ぜひ、一度ご来店くださいませ。

木俣 薫作品のご紹介

木俣先生は今では数少ない、登り窯で制作をされている作家さんです。
朝鮮唐津と斑唐津の美しい器をどうぞごらんくださいませ。

木俣1












左:掛分7寸皿
右:滴型小付




木俣2












左:そば猪口
真ん中:4寸碗
右:汲み出し碗



木俣3












左:6寸皿
右:掛分鏡鉢

こちらのお皿は淵が少し反っていますので、汁気のあるお料理にもご使用いただけます。


湯呑












大ぶりの汲みだしは、緑茶やコーヒー、ミルクティーなどたっぷりお飲みいただけます。
また、小鉢としてもご使用していただけるサイズです。


食卓
















同じ作品でも、斑の入り方などによりひとつひとつ違った表情を持った器です。
ぜひ実物をお手にとってご覧ください。
ご来店をスタッフ一同お待ちしております。

また、木俣 薫作品展は来年の5月に予定しております。

陶器・ガラス・漆 新作入荷いたしました!


さわやかないい季節になってまいりました。
夏に向けて食卓も衣替えしませんか?

Vi












ベネツィアンガラスの、ワイングラスとフルートグラスです。
繊細で柔らかい形は1客あるだけで、華やかな印象を与えます。
Vi (2)












海外の作品ですが、漆とも陶器ともよく馴染みます。





杉江 シェル












杉江 智先生の貝の形をした器です。
杉江先生のオリジナルクリスタルガラスは鉛を含まない為、キズがつきにくく透明度の高い美しい作品です。

杉江 シェル (2)












涼しげなガラス器なので、これからの季節に大活躍します。
酢の物やお刺身、サラダ、フルーツなどさまざまな場面でお使いいただけます。




カップ












漆のフリーカップです。
軽くて薄く、飲みやすいので普段使いに最適です。





ランチボックス












こちらは、漆のお弁当箱です。
中の敷板は取り外し可能な為、いろんな用途にご使用いただけます。
赤と黒の独楽文もインパクトがあり、可愛いです。



大井 浅鉢












大井 寛史先生の浅鉢です。
サイズは2種類ございます。


大井 鉢アップ












蛍手という手法で、瓔珞文を描いています。
ひとつひとつ丁寧に開けられ釉薬のかかった穴は、中の色が透けて見えとても美しいです。
気の遠くなるような地道な作業によってつくられていますが、¥2,100~とお求めやすい価格です。

お鉢の他、アイスクリームカップや馬上杯、飯碗などもございます。

是非、実物をご覧ください。
お待ちしております。

尚、当店はゴールデンウィーク中はカレンダー通りにお休みいたします。










このページのトップヘ