Gallery一客東京店 スタッフブログ

2015年11月

川口 淳 色絵近彩楽園文華胥の夢日器
2015.12.1(火)~12.8(火)

 こんにちは。
 今日は昨日の寒さから一転、暖かな一日でしたね。
 
 いつもより早いのですが、今日は12月1日からの作品展の搬入日でした。
 ディスプレイも終わりましたので、展示の風景を紹介させていただきます。

 川口さんは神奈川で作陶されている色絵磁器の作家さんです。
 一度見たら忘れられない、鮮やかで遊び心ある作品たちをどうぞお楽しみください
 

DM1







 こちらが今回のDMです。
 皆様の元へは三つ折りで届いていているかと思います。

DM2









 作家略歴

 1951 横浜市に生まれる

 1975 京都市立芸術大学陶磁器専攻卒業

 1988 ハンガリー国立芸術高校に講師として招聘/ペーチュ

 1989 ハンガリー国際陶芸シンポジウムに招待/シクロシュ

 1992 アーチスト・イン・レジデンス/信楽 陶芸の森

 1995 アーチスト・イン・レジデンス/新島ガラスアートセンター

 1998 アイスランドアート&クラフツカレッジに講師として招聘/レイキャビーク

 2000.01 驪州国際陶芸シンポジウムに招待/韓国

 2002-04 京都市立芸術大学 助教授

 2005-07 京都市立芸術大学 教授



 ガラステーブル













 色絵金銀彩の華やかなテーブルになりました。



ガラステーブル2












 手の付いた筒がとてもキュートです!



ガラステーブル3












 組皿もきちんと合うようになっています。
 裏側はまた違った絵が描かれているんですよ。


クリアボックス
















タイル












 こちらはタイルを並べています。



棚1

















棚2












 蓋物も沢山お持ちくださいました。
 お気に入りをお選びください


棚3












 浅い縁の付いたお皿です。
 一番手前は裏側を見せています。


碗












 飯碗にしたり、汲み出しにしたり、小鉢にしたり…。ほどよいサイズです。


ぐい吞み












 ぐい吞みも揃っています。




 
 作品展は来週の火曜日からです。
 一客 東京店の今年最後の作品展になります。
 また改めて作品について紹介させていただきますね。



 …さて、こちらに川口さんが教えてくださった裏略歴をちょこっと載せます。

1951―横浜市生まれ

1964―農夫になろうとするも農政に絶望する

1965―僧侶になろうとするも俗境に絶望する

座禅三昧の一年を過ごす

1966―肉体と魂の遊離を経験するも中毒性を見、両者の一体化に努める

1970―世界の共通語、美の原点は工芸と認識する

1975―大学卒業後、自由気儘勝手な生活を送る

1977―シナイの風景とベドウィンとの生活の中で、基本的生活の仕方と風景の

中に隠されたメタファーを読み取る力をすっかり失っていたことに気づく

2007―ヒジュラをおこなう

 



 川口さんは、全日PM2:00~5:00位まで在廊予定です
 ぜひ皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております

















林 源太 漆作品展
2015.11.14(土)~11.21(土)

 こんにちは。
 昨日は一日中雨でしたが、今日は晴れて良い陽気ですね。
 現在作品展開催中の林 源太さんの作品を少しだけご紹介させていただきます。

55盛皿












栃拭漆取手付盛皿 ¥83,000(税抜)
 36,5㎝×25㎝ 高さ4,4㎝

 こちらは、木を刳り抜いて作られています。
 もともとは菱形の木の固まりだったそうです。 
 何度も塗られた漆の色が、深みがあって美しいですね。






82月の輝石












乾漆皿『月の輝石』Ⅱ ¥46,000(税抜)
 27,8㎝×14,2㎝ 高さ3㎝

 螺鈿の輝く作品です。
 麻布へ漆を何層も重ねて形作られた、乾漆という技法で作られています。
 写真だと分かりにくいのですが、黒一色では無く複雑な表面をしています。







92小皿












小梅黒摺小皿(縁銀) ¥8,000(税抜)
 口径8,8㎝ 高さ1,6㎝
豆小皿(燻銀黒塗) ¥5,500(税抜)
 口径6㎝~7㎝ 高さ1㎝
角布目燻銀黒小折敷 ¥8,000(税抜)
 16,6㎝角 高さ1,58㎝

 豆皿は、手塩皿にも良さそうなサイズです。
 ひとつひとつ形が違うので、実物をみてお選びいただければと思います。






130・132小鉢












左:仙台絞塗小鉢Ⅱ ¥9,500(税抜)
右:仙台絞塗小鉢(朱)Ⅱ ¥9,500(税抜)
 口径13,4㎝ 高さ5,5㎝

 外側のぼこぼことした風合いと、内側の艶やかな塗りの対比がおもしろい作品です。
 デザートカップとして、アイスやぜんざいもすくいやすい形をしています。
アップ












 アップで撮影してみました。






133鉢・110皿












左:溜塗仙台絞塗欅小鉢 ¥9,500(税抜)
 口径13,4㎝ 高さ5,5㎝
右:乾漆半月皿(白檀塗) ¥15,500(税抜)
 口径20㎝×19,5㎝ 高さ3,9㎝
ランチョンマット小(A) ¥14,000(税抜)
 40㎝×30㎝ 高さ0,3㎝

 右側のお皿は、片側だけ反った上品な形をしています。
 左の小鉢は、一つ前にご紹介した作品と同じ形の外黒内溜塗りです。






142鉢(横)












漆流し中鉢Ⅰ ¥13,000(税抜)
 口径17㎝ 高さ5㎝

 漆のとろりとした模様が入った中鉢です。
 写真が光ってしまいましたが、漆の固まりが膨らんでいるのがお分かりいただけますでしょうか。
142鉢(上)












 上からの写真です。
 こちらの漆の模様部分はなんと、先生と同じ年に作られた漆を使用しているそうです!
 そのままだと粘りがあるので新しい漆と混ぜてから、上から垂らして膨らみを作っています。
 お料理も良く映える素敵なデザインです。








そば猪口












そば猪口 ¥10,000(税抜)~

 そば猪口もシンプルな朱~変り塗りまでいろいろ出展していただいています。




151そば猪口












そば猪口(刷毛目螺鈿燻銀赤塗) ¥12,000(税抜)
 口径9,3㎝ 高さ6㎝

 貝が散りばめられた表面は、宇宙のようで見惚れてしまいます。







250ワインカップ












七角ワインカップ(変塗白檀塗) ¥36,000(税抜)
 口径7,9㎝ 高さ15,9㎝

 不思議な色合いのワインカップ。
 他に赤・青・緑がございます。
 美術品として飾って置きたくなる美しさです。

 





196重箱












六角胴貼重箱(二段) ¥175,000(税抜)
口径24㎝×22,5㎝ 高さ13㎝

 浅めの二段なので、お料理も詰めやすそうな重箱です。
 赤の色合もしっとりとした品の良い色味です。 
 お正月に限らず、行楽弁当や菓子器としてご活用ください。







弁当箱












弁当箱 各種 ¥20,000~

 こんなお弁当箱にお食事を詰めたら、お昼が待ち遠しくなりますね。
 新生活を始める方へのプレゼントなどにいかがでしょうか。







小皿












 小皿もいろいろ出展されています。
 中には骨董の漆器を作り直している作品もありますので、数に限りがあるものもございます。
 






ぐい吞み












ぐい吞み ¥10,000(税抜)~

 どの作品も形や表情が違うので、じっくり見てしまいます。
 お酒を入れるとキラキラと、より輝きますのでぜひ試してみてください。







254磯遊び












屠蘇器『磯遊び』 ¥465,000(税抜)
 盆サイズ:41,4㎝×26㎝ 高さ3,3㎝

 とても遊び心のある屠蘇器のセットです。
 アワビ貝は木を削って作られているのですが、あまりのリアルさに貝に漆を塗っているのかと思ってしまいました!
 注ぎ口が付いているので、ハマグリの酒盃に注ぎ入れてくださいね。




 作品展は21日(土)までです。
 ブログに載せれていないお椀やカトラリー、お皿がまだまだあります。
 ぜひ実物を見にご来店くださいませ。
 
 スタッフ一同お待ちしております。


 
 














林 源太 漆作品展
2015.11.14(土)~11.21(土)

 こんにちは。
 今日は、秋晴れの良い一日でしたね。
 
 来週の土曜日からは、漆芸家 林 源太さんの作品展を開催いたします!
 林さんの漆器は、色の上品さや形、手触りなど艶っぽく魅力あふれる作品です。

 DMや現在こちらにある作品を少しですがご紹介させていただきます。
 写真でどこまで表情が出せるか分かりませんが、ご覧いただければ幸いです
 

写真面






















 こちらが今回のDM写真です。
 だえん皿とカトラリーが格好良く配置されています
 こちらの写真はもちろん写真家の方が撮影しました。






住所面






















略歴
 1969年 大阪府生まれ
 1992年 京都市立芸術大学漆工科卒
 1994年 同大学院漆工研究科修了
 各地で個展など展開、現在に至る

出展作品
 漆器、カトラリー、茶道具、花器、漆額など
 200種類以上











乾漆だえん皿












乾漆だえん平皿燻銀黒 ¥9,500(税抜)
 17.2㎝×15.2㎝ 高さ2.8㎝

 DMの作品です。 
 しっとりとしたマットな黒色をしています。
 お菓子を載せたり銘々皿としたり、使いやすいサイズなので何枚か揃えておきたくなります。
乾漆だえん皿アップ












 渕にうっすらと銀模様が入っています。
 面にも銀が見え隠れし、単純な黒一色では無い複雑な表情をしています。

乾漆だえん皿裏












 裏側は、艶のある黒で仕上げられています。








カトラリー












左から…
 デザートスプーン溜 ¥3,500(税抜)
  14.2㎝×2,8㎝ 高さ1.2㎝
 デザートスプーン朱 ¥3,500(税抜)
  14.2㎝×2.8㎝ 高さ1.2㎝
 デザートフォーク朱 ¥3,500(税抜き)
  15㎝×2.1㎝ 高さ0.6㎝
 ミニフォーク朱/黒 ¥1,800(税抜)
  8.7㎝×0.8㎝ 高さ0.3㎝

 先が3本のこんなに小さなフォークを初めて見ました!
 手なじみの良い丁寧に作り込まれた作品です。 
 柿や林檎を食べるときに添えて出したいですね









乾漆半月小皿












乾漆半月小皿(緑壇塗) ¥12,500(税抜)
 15.5㎝×15㎝ 高さ3㎝


乾漆半月小皿2












 光が入っていて分かりにくいのですが…。
 深く黒に近い緑から明るい緑まで、色の強弱が波のように美しい作品です。

乾漆半月小皿横












 片面だけ少し反っています。



乾漆半月小皿裏












 裏面は艶を抑えた黒色です。








三段重箱












三段楕円豆段重箱 ¥78,000(税抜)
 16㎝×10.5㎝ 高さ19㎝
 
 小さめの三段重です。
 一段づつでも使えますので、お弁当箱として日常にもお使いください。
三段重箱蓋












 蓋を外すとこんな感じです。
 林さんの赤色はなんとも言えない色っぽい色合いですね。
 少し赤の下から黒が見え、根来になっています。
三段重箱上












 上からの写真です。






 今回の作品紹介は以上になります。

 皆様のご来店を心よりお待ちしております。
 作家も全日在廊予定です


このページのトップヘ