星 正幸 展
2018.2.17(土)-2.24(土)
AM11:00-PM7:00 日曜・最終日PM5:00
会期中無休
作家在廊日:水・木以外在廊予定




こんにちは。
今年始めての作品展が2月17日(土)より開始いたします。

岡山で作陶されている星正幸さんの備前焼は、土の表現に拘りを待った美しい作品です。
モダンで現代の食卓にも取り入れやすく、土の持つ優しい魅力に溢れた星正幸さんの世界をどうぞご覧ください。

写真面













今回のDMになります。

作品名
陶板(足付) 幅64㎝×奥行22㎝×高7.5㎝
鉢(両手付) 長径31.6㎝×短径20.2㎝×高16.5㎝

住所面














作家よりコメント
 備前土の持つ爽やかでやわらかい質感や、焼成による色合いの変化を知って頂ければ幸いです。 星正幸

略歴
 1973年 上智大学文学部哲学科卒業
 1979年 森陶岳の「相生大窯」に参加
 1981年 直火式半地上窯を築窯 翌年1月初窯
 1994年11月 二十一メートル窯完成 初窯






今回お鍋もお持ちいただきましたので、一足先にご紹介いたします。
こちらの鍋も紐づくりで形作られています。

53①














土鍋 ¥28,000(税抜)
 本体 長径30.5㎝×短径23.6㎝×高14.4㎝
 蓋 径21.4㎝×高11㎝
 本体+蓋 高18.6㎝
53②














蓋のコロンとした形が可愛らしいです。
53➂














53④














53➄














鍋の内側です。
53⑥














表情の面白さにずっと見ていても飽きがきません。







54①














土鍋 ¥30,000(税抜)
 本体 長径29.8㎝×20.6㎝×高11.2㎝ 取手の高11.5㎝
 蓋 長径20.5㎝×短径17.8㎝×高9.4㎝
 本体+蓋 高18.3㎝
54➂














54⑩














楕円の形をしています。
54④















蓋の風合いも味わい深いです。






52①














土鍋 ¥25,000(税抜)
 本体 長径27㎝×短径21㎝×高10㎝
 蓋 径19㎝×高9.8㎝
 本体+蓋 高18.5㎝
52②














他の二つと比べると少し小さめのサイズです。
ビーフシチューなど温かいお料理でほっこりしたくなりますね。
52④














52➄















52⑥















蓋の指跡も趣があります。
52⑦















最後まででご覧いただきありがとうございました。
また後日、他の作品の紹介もいたしますので、ご覧ください